伊勢 白山 道 検索。 伊勢白山道という人は宗教者なのですか?

私が伊勢白山道を邪道とし、否定する理由。

線香3本での供養や、最強の祝詞などというものを広げ、 それを行う事によって起こる弊害、危険性への配慮が無いのも 問題です。 ここに大きな矛盾点があります、自分で自分の霊視がインチキだと証明して います。 ただ、著者の言葉で救われた方もいるみたいなので、のめり込みすぎない様に気をつければ良いと思います。 これは見鬼でも必要になります。 神道ではなく魔道に通じた、クズのインチキ霊能者が伊勢白山道リーマンです。 連日、自ら墓穴を掘る、伊勢白山道リーマン 6月の祓い 2010-07-01 12:05:50 Weblogより抜粋 先祖が伝えて来た、伝統ある神社仏閣は大切です。

Next

伊勢白山道の正体は??リーマンって何!?

しかし、有名な宗教家・思想家の著書をあちこちパクリ、論理的矛盾が多いとの意見も多々あります。 海外との時間差で、リアルタイムでの交渉などが必要な場合は、 私も、外資系システムインテグレーターで、数十億円単位の プロジェクトでは、一時的に夜勤をしましたが、通常は、直接海外に 長期滞在して、現地で働く事になります。 さらにデタラメな話、歴史を捏造し、平気でブログの更新を 続けています。 第一章・悩みの本当の原因と解決法 第二章・感謝の思いを出すと現実が変わる 第三章・自分の心を守る 第四章・仕事は自分自身との真剣勝負 こんな感じの内容が第十章まで続きます。 こう考えると、伊勢白山道が無職のニートと言われるのも 納得できます。

Next

伊勢白山道とはなんですか?母がはまっています。知り合いの霊感...

伊勢白山道が通じているのは、神界ではなく、魔界です。 。 2009年5月から森羅万象シリーズは販売開始されています。 著者の伊勢白山道は普通のサラリーマンらしいですが、幼いころから霊感が強かったようです。 これが神気の寄り代と成って、人を動かしているのが霊眼では観えます。 目次を簡単に書いておくので気になった方は読んでみると良いかも知れません。

Next

伊勢白山道という人は宗教者なのですか?

奇異を見ない人が正しいのです。 これは偽神の特徴です。 スピリチュアルな物に傾倒しやすい方は影響を受けやすいかもしれません。 ただ、自分の中にある内在神が現われた人は問題ないそうです。 大きな神社ほど、神職も巫女も、多くの人達と接する事に なりますが、その神性は失われません。 祓を行い、空間が浄化すれば、精神や体調不良は回復します。

Next

伊勢白山道の正体は??リーマンって何!?

この伊勢白山道というブログは人気ブログで、1日20万人以上が閲覧しコメント数も500以上が当たり前です。 世の中には多くの人が暮らしています。 伊勢白山道の主な主張は、自分の内にある神に気付くこと、先祖供養を大切にすること。 信憑性はあるのか気になるところですが、それは微妙な所です。 伊勢白山道の森羅万象シリーズ 森羅万象シリーズは伊勢白山道が書いた著書の1つです。

Next

伊勢白山道とはなんですか?母がはまっています。知り合いの霊感...

こういう考え方なので悪い宗教に嵌り金銭を搾取された人などからは救いになっているみたいです。 流石にこれは信じる必要はないかと思います。 人と接する事で失われてしまうような、伊勢白山道の 神性など、偽者でしかありません。 素手で握り殺せる程度のモノですが、体内に入られた場合は、引きずり出し 滅する事になります。 私の場合、相談者が来ても、悩みに答えを示す必要が無い場合は そのまま帰っていただきます。 著者曰く、太陽からの洗礼が始まる可能性が高い時期に来ているそうです。

Next

墓穴を掘り続ける伊勢白山道リーマン

そんな著者が宗教や霊界についてブログに書いてきたものが本にまとめられています。 そういった所だけ取り入れれば良いんじゃないでしょうか? 伊勢白山道の内在神への道について 『内在神への道』は伊勢白山道が書いた著書の1つです。 さて、肝心の『自分の心を守りましょう』の内容ですが、スピリチュアル系の内容なので好き嫌いは分かれるでしょう。 祝詞の説明も、全くのデタラメ、妄想、素人知識で、いい加減な事を 書き、神社の歴史を霊視(というより馬鹿げた妄想やオカルト知識) しては、神社に穢れを運びます。 頭の飾り自体は、祭礼、儀式、正装においての一般的なものであり、それ以上に 重要なものを狩衣を着ない平時でも、正しい神職ならば持っています。 何も見えないのが、正神と縁のある神職なのです。 正しい神に通じていないからこそ可能な、リーマンの霊視という図式が成り立ちます。

Next

伊勢白山道の正体は??リーマンって何!?

また伊勢白山道という名前で何冊か本も出版しています。 伊勢白山道の内在神と共に 『 内在神と共に』は伊勢白山道が書いた著書の1つです。 伊勢白山道はブログの名称で、ネットではリーマンと名乗っています。 伊勢白山道の霊眼などはしょせん、まやかしだと自ら発言しています。 といいつつ、リーマンは神示だ神意だと、下らない質問に答える。 感謝の気持ち、先祖供養の重要性なども説いています。 これも伊勢白山道の背後が低級な動物霊であることを自白しています。

Next