ニオス 湖 の 悲劇。 カメルーン・ニオス湖で起きた悲劇(1986年8月)死の霧で1,700人が犠牲に

1700人が犠牲になった「ニオス湖の悲劇」とは【地球の履歴書】

しかも周囲には火山がないこと、しかも千年以上にわたってこの状態が保たれているという稀有な存在なのだということが説明される。 ニオス湖(カメルーン) ニオス湖は同じカメルーンにあるモノウン湖、コンゴ民主共和国にあるキブ湖と並んで世界で爆発するかもしれない湖のひとつとして考えられています。 そこは地球唯一の天然プラネタリウムとまで絶賛されるほどです。 第6章「湖水爆発の引き金は? その中で気づいたこともあるのだが、様々な関わりによりここまで研究を続けることができた。 死亡原因は、二酸化炭素中毒。 kremlin. これは1957年に起こったマヤーク原子力施設の爆発事故が原因とも言われており、現地の人々は癌や白血病、または先天性欠陥などの奇形に悩まされています。 カメルーンの8月は雨季。

Next

58.世界で最も危険な湖 10選

路傍には牛の骨が散乱していて、災害の痕が残されている。 168. 何が原因となってこれほどに大規模なガスの噴出が起きたかは不明である。 バイカル湖 世界最高クラスの透明度と言われるロシアのバイカル湖は、美しくとても神秘的。 おなじくアフリカの、ルワンダのキプ湖の近くでも原因不明の 人や家畜の連続死事件が発生しました。 修正しました!• アーカイブ アーカイブ カテゴリー• 1986年にも3つの村で爆発により、約1800人もの人々が亡くなったと言います。

Next

58.世界で最も危険な湖 10選

現役の科学者の本分はもちろん研究そのものであろう。 「村人の一部はベッドの中で眠るように亡くなっており、多くの人は家の外や道路で横たわるようにして死んでいた。 二酸化炭素の濃度を安全レベルまで下げる努力が続けられています。 1986年8月、中部アフリカ・カメルーン共和国の北西に位置する ニオス湖(Lake Nyos)周辺に暮らしていた約1,700人が一夜にして亡くなるという出来事が起こりました。 153• そのままでは人に無害な炭酸泉でも100年間湖に入り込めば二酸化炭素の濃度は高くなり、爆発を起こせるほど膨大な量のガスが蓄積していたと考えられました。 中でもニオス湖は他の湖とは異なっているところを化学の観点から考察を行っているが、かなり専門的に突っ込んでおり、化学組成・成層構造について基礎がしっかりしていないと取っつきにくい章と言える。

Next

ニオス湖、村人1800人が窒息死!?「湖水爆発」は日本でも起きうる?

6MWの発電をしていて、数年以内に50MWまで発電量を増やす予定。 しかも周囲には火山がないこと、しかも千年以上にわたってこの状態が保たれているという稀有な存在なのだということが説明される。 イジェン湖は水を浴びても即死。 日本では、 季節による気温の変化が大きいため、湖では対流があり二酸化炭素が湖水下層にとどまらず湖面から常に放出されているのだそうです。 本物の知はそこにある。

Next

ニオス湖ガス噴出災害(1)

しかも周囲には火山がないこと、しかも千年以上にわたってこの状態が保たれているという稀有な存在なのだということが説明される。 ナツメウナギは生き物に噛みついて獲物の血液を吸い尽くす生き物なのです。 本書はタイトルのまま、地球の履歴書である。 観光地としても廃れてしまい、今がゴーストタウンと化しているようです。 富山大学の日下部実客員教授(当時は岡山大学地球内部研究センター教授)は、1986年のニオス湖での災害直後に現地に入り、災害の原因究明に着手 日下部教授と日本の研究者が、カメルーンを行き来しながら研究を続け、1993年に湖水爆発の原因を突き止めました。

Next

カメルーン・ニオス湖の大量死事件とは?|気になったから付箋

有馬温泉に不思議なんてあるのか? と逆に不思議に思う読者も多いだろう。 Cotel A, A trigger mechanism for the Lake Nyos disaster, American Physical Society, Division of Fluid Dynamics Meeting, November 21-23, 1999. マヌン湖は少なくとも3つ以上の小さいマールが合体してできているよ。 いずれの説を採るにせよ、湖底水深による加圧下で飽和に達していた水塊が、急激に水面近くに湧き上がった、と考えられている。 約4,000人の住民がこの地域から避難したが、その多くがガスを原因とする呼吸障害ややけど、麻痺などを訴えた。 二酸化炭素ガスは村々を覆い尽くしていき、村人たちは瞬時に 窒息死してしまったのです。 熱心な大河内直彦ファンとしては、じつに複雑な心持ちだ。 第8章「湖水爆発の反復性と伝承」 ガス抜きを行ったニオス湖やマヌーン湖では昔から二酸化炭素がたまりやすい湖であった。

Next